マルチツールナイフを比較に比較し「厳選」した1つの商品♪ナイロンLeathermanの値段 | シルバーサバイバルの感想とレビューならココッ♪プライヤー

この部分は筒状で下側は閉じられてはいない作りですが、ビットドライバーエクステンダーを挿してみるとシース下部の縁に当たってギリギリ抜け落ちないです。ただ本商品とも迷ったブラストなど、他のシリーズもますます欲しくなっちゃいました。ずっと欲しかったので、とても満足しています。

コスパがいい♪

2017年10月28日 ランキング上位商品↑

プライヤー シルバー ナイロン Leatherman マルチツールナイフ サバイバルレザーマン WAVE マルチプライヤー [ シルバー / ナイロンシース ] |Leatherman ペンチ 携帯工具 マルチツールナイフ 十徳ナイフ 十得ナイフ 万能ナイフ サバイバルツール

詳しくはこちら b y 楽 天

車ではいいのですが!持ち歩くとなるとやっぱり重いので探していました。思ってたより少し重いですが、問題ないです。マルチツールナイフというと!ヴィクトリノックスのソルジャー(あまりマルチじゃないけど)しか使っていなかったので!比較はできませんから単体での評価になります。そして何より値段ですね。途中車のトラブル! 宿泊したホテルのオーナーのお父さんがメカニックで偶然となりの州から来ていて、夜中の2時にも関わらず、修理してくれた。ドライバーがビット方式になったのが一番いいです。V社アーミーナイフには無いところです。現在stylePSも使っていますが!私の勉強不足でしたが!WAVEのプライヤはバネなしでした。頼りになるツールに間違いないと思います様々なツールがあるのでアウトドアにも非常時の時も使えそうです。プライヤー使用時には他のナイフなどがロックされ、安全対策よし! 各装備を出したときのしっかり感はVノックスやWガーよりも素敵です。ちゃらいヤツには分からない質実剛健さがある。プライヤー部分にスプリングがないのを承知で購入しましたが、使用頻度によってはやはりあった方が良さそうな感じなので星4つです。旧WAVEを10年近く使ってましたが無くしてしまい購入しました。ただ!この筒状の部分の素材は帯状に編んだゴムなので!経年劣化などで緩んでくると!差していたものが知らぬ間に抜け落ちるかも知れません。それからシース裏側のベルト通しは!縦にも横にも対応する作りになっています。まず、ブレードのロック機構はとてもありがたい装備だと思います。結果・・・正解!!WAVEで充分使えると思えるような内容であったし!一万五千円も出して!チャージTTI CHGTTILを買うのは!少々値段に差があり過ぎる。 こういう事情は現地に行かないと分からない!サバイバルだなーと思っての購入。ビットセットを購入しなければなりませんが!使い道が広がりました。今回、レザーマンのフルサイズのが欲しくて購入しました。ブラストははWAVEより50グラム軽く、角がプラスチックでカバーされているので手にも優しそうです。刃の位置が一段!奥まったところにある訳ですから。ベルトに通していたケースをわざわざ外してやらないと取り出せませんでした。 機能が沢山あり、240gと多少の重さがあるので★★★★とさせて頂きました。 ブラックの特殊部隊使用、モールシステム対応品はモールシステムのみ対応しているそうです。 質はさすがにしっかりしています。CHARGE TTiと同時購入しましたが機能的に余り大差ないし、日ごろ使う道具なので値段的にもやはりWAVEがいいですね。普段使いでもいいし!キャンプや釣りなどに持っていくのもいいでしょう。しかし、結局は値段がチャージTTI CHGTTILの約半分のWAVEの方にした。ベルクロが締まるようぐっと突き刺すと!プライヤの先3-4cmがケースから出てベルクロが締まったのですが!今度はWaveを引き出すのに四苦八苦しました。最後に、とても安く購入することができ対応も早かったので、また何かありましたら利用させて頂きます。しっかりとした感じです。 まだ実践投入していませんが、頼もしさを感じる。さすがに使いやすくなってますね。オイルに埃が付いていただけで!拭けばきれいになりました。マルチツールで悩んでいるのでありましたらウェーブを選んで間違いは無いでしょう。ハサミが付いているのもポイントが高いです。 機能は上位モデルと遜色ありません。サバイバル対策として、一本あると重宝すると思います!。暫くいじってみましたが、プライヤー展開時はナイフと波刃ナイフにロックがかかるなど、よく考えられていると思います。いずれにしても一生ものの逸品だと思います。 ナイロンケースも悪くないけど!10点満点では8点。ナイフは背の刻印で識別できますし、そもそも暗闇で使わないので問題にはなりません。車に常備するのもいいと思います。肉体労働系の仕事の人などは!仕事中携帯するにもいいと思います。 ということで「プライヤを出した状態でケースに入れてはいけない」というのが正しい使い方と思います。最後に気付いたことはナイロンケースのそこに小さい穴があいているのでニードスノーズプライヤを出した状態で軽く入れたところ!ふたのベルクロが締まりませんでした。オイルはビクトリノックスよりも結構たっぷり着いているようです。WaveはSurgeよりもコンパクトですし、何よりもコストパーフォーマンスが良いです。息子もとても喜んでもらえたので、釣りやキャンプで使い方を教えていきたいと思います。買ってみて初めて見落としに気がつきました。初めてのマルチツールです。この間仕切りもゴム素材であまり膨らませると痛みそうですし!ビットキットのケースを入れるのは1枚がいいところだと思います。USにて車で6州横断の!国立!州立公園めぐりをして来た。ソケットに合うものであれば なんでもつけることが可能ということです。その時は日本からフラッシュライト(sure fire)を持参し作業を照らしサポート。また、表面と裏面の表情がほとんど同じなので、暗闇の中で直刃と波刃、ノコギリとヤスリを間違えるという指摘もありましたが、これは私にとってあまり問題にはなりませんでした。 で!その近辺の州には我々の車のディーラーがないという!(中部ではアメ車のディーラーばかり見た) その他!GSもサービスエリアも少ない。お勧めですよ。届いた品物は!箱は傷みが激しかったですが!私も息子も気にしないのでOKです。写真も載せてほしいよね。以前はプライヤーとV社のアーミーナイフを持っていました。実は、購入時、現在のレザーマンの最高峰モデルである、チャージTTI CHGTTILの方にしようかかなり迷った。中身はなんの問題もなく、各部が使いやすくマイナーチェンジしていたのが印象的でした。なので!レザーマンマルチツールで何を買おうか迷っている方は!取りあえず!余程こだわりがないなら!WAVEで充分ですよ^^内容も!ナイロンのケースに説明書!本体とあり!説明書が無くても!使い方は!すぐ理解できました。今ではチャージやスケルツールといったモデルがありますが、その前まではフラッグシップとして君臨していたモデルです。20年近く愛用している私のWAVEを息子がほしがっていたので!クリスマスプレゼント用に購入しました。重力感があり!角が当たると痛い部分もありますが!満足のいく一品です。これはV社のマルチツールにはない特徴です。レザーマンは初めて購入しました。プライヤーがほしくて購入したのですが、もう少しはさみが、大きければいいかな?This is my second Leatherman tool.The first one i bought for camping was almost ten years ago and still in very good condition.I will keep this in my car and at home.初めてのレザーマンですが、いい買い物しました。しかし42種のビットキットのケースを2枚共入れるとかなり膨らんで!出し入れもきついです。建設現場で仕事をしている旦那の要望により購入しました。まだ届いたばかりなので動きが硬めですが、そのうち馴染んでくると思います。無論!それに頼っておかしな使い方(例えばブレードの背で何かを押すとか)をしたりはしませんが!疲れているとき!集中力が切れているときの「不意の事故」を予防してくれると思います。栓抜きや缶切りおまけ程度な感じですかね。ただ同じレザーマンでもこの両者ではナイフの根本?が付いている部分が反対なので、ナイフを展開させて手に持った感じ、ブラストでは使いにくそうなんですよね。Super Tool 300は大きすぎるし!Surgeは値段が2倍近いのでこれからWaveとV社アーミーナイフの2丁持ちを考えていいます。私は眼鏡をかけているの眼鏡用の小さいプラスドライバがあるのにも気に入りました。普通のベルトには入らないとの事。 基本的な、ペンチ、ナイフ等の機能が優れています。(レプマートさんの価格設定によるところが大)しかし考えようによってはソケット式というのは拡張性があるということです。最初!箱から出したら商品がうっすらと茶色かったので!まさかサビてる!?と思いましたが!さにあらず。悩みどころです…本商品に付属のナイロンシースは両脇にビットドライバーエクステンダーやペンライトなどを挿しておけるようになっています。あとでカタログを見ると「キリ」付きはSuper Tool300SurgeJUice XE6の3つだけです。マルチツールと言えば、レザーマン!レザーマンの中でもチャージTTI CHGTTIL等が出るまでは、そのフラッグシップとして長く活躍してきたのが、WAVE(ウェーブ)である。「キリ」がないんです。そうなるとナイフの位置がWAVEと同じで軽いSidekickも欲しくなってきます。持った感じは割と手ごたえがあります。(取説には何の説明もありません )これからWaveを使いこなすのが楽しみです。まだあまり本格的には使用していませんが、この価格(8300円、税送料込)を考えると、マルチツールの1本目としては良い買い物だと思います。また!ロック解除とブレード収納は片手でできますから!ロックの存在が邪魔にはなりません。又、シース内部にはビットキットが入るくらいの仕切りがあります。